ホワイトカラー・エグゼンプション

http://www.exenwhite.com

ホワイトカラー・エグゼンプション
アメリカンドリームは有るのか?
このページをブックマークする

アメリカンドリームはあるのか?

アメリカに於いて転職は珍しいことではないのですが、皆が皆成功している訳では無いようです。にもかかわらず、今の地位を捨てても次の仕事にチャレンジしようとさせるのは、どんなところに、その原動力があるのでしょうか? その辺を探ってみましょう。

アメリカの雇用事情

アメリカでは日本と違い、終身雇用はすでに崩壊しています。ステップアップのチャンスを伺っている人もいれば、企業の業績悪化に伴いレイオフされる人もいます。そんな中でアメリカ人のチャレンジ精神を支えているものは何でしょうか? ひとつにはアメリカ人特有の楽天的な性格もあるでしょう。しかし最も日本が見習わなくてはならないのが、機会の平等です。ある一定の基準を満たしていれば、例えばMBAを取得しているだとか、専門的な修士号を持っている場合、能力の差はあっても就職するチャンスは平等に与えられている、と言うシステムに対する信用が、アメリカ人の「お気楽さ」の下支えになっていると思います。

アメリカで出世するには

アメリカでよい地位に着こうと思ったときに、避けて通れないのが何らかの学位を取得することです。課長職以上を目指すのであればMBA(経営学修士)の取得が必須となっています。経理専門職にはCPA(公認会計士資格)、法務部門ではバー(司法試験)などがあります。日本ではどうでしょう、なんとなく上司の力関係だとか、強力なコネクションを持っているなど、客観的な要素はあまり重要視されません。かといって公務員のキャリア組のような、入った時から出世が約束されている制度はアメリカにはありません。新米はあくまでも一番下っ端からスタートをさせられます。実力のあるものは順調にステップをあがっていくでしょうし、実力の無いものは切り捨てられていくのです。特にエグゼンプト労働者(ホワイトカラー・エグゼンプション対象者)は顕著です。過酷な市場競争原理が労働者の間でも巻き起こっています。その結果アメリカのエグゼンプト労働者は日本人ホワイトカラーの3倍も働くのです。そして、その見返りに高い年俸を手にすることができるのです。こつこつと努力を重ね、学歴と職歴を積み上げたものが報われる、そんなアメリカのシステムに私は憧れます。

現代のアメリカンドリーム

結論からいうとアメリカンドリームはあります。ただし、当たり前ですがアメリカでの話です。努力したものは報われるチャンスを得ることができるシステムが、アメリカにはあります。良い学校で良い成績をとり、修士号なり博士号なりを取得すれば、少なくともチャレンジする権利を得ることができるシステムになっているのです。そしてチャレンジしたことが評価されればチャンスを得ることができます。このチャンスを生かして、よい結果なり、良い人脈なりを作ることができれば、キャリアとして自分のものに成るのです。最近日本でも上映された『幸せのちから』では、どん底の生活からアメリカンドリームを掴み取るまでの物語をウィル・スミス親子が熱演していました。

映画『幸せのちから』(The Pursuit of Happyness)

原題を直訳すると「幸せを追い求めて」でしょうか? 1981年のサンフランシスコを舞台にクリス・ガートナー(ウィル・スミス)とその子クリストファー(ウィル・スミスの実子ジェイデン)妻はリンダ(タンディ・ニュートン)の物語です。クリスは海兵隊OBで骨密度の測定器の訪問販売をしていたが、一向に売れず自宅は在庫の山になっていた。家計を支えているのはリンダのパート収入だったが、彼女の忍耐も限界にきていた。その日も息子のクリストファーをチャイナタウンのHappynessと間違った綴りで書かれた保育園にあずけ、病院回りをしていたが商売は思うようには行かず、骨密度測定器は一つも売れていない。疲れきったクリスの目の前に颯爽と現れた赤のフェラーリ、車から降りた男にクリスは職業を尋ねる、彼は証券マンだった。話を聞くと、学歴に関係なく証券会社の養成コースをパスすれば誰でもなれると言う。早速クリスは証券会社の養成コースに申しむが…ここから先のクリスのどん底生活と、サクセスストーリーは映画館でどうぞ!